伝統技術とアコースティックな日本茶と絶品の富士フィルハーモニー管弦楽団

私の大好きな
富士フィルハーモニー管弦楽団さんの定期公演が開催されます。

http://www4.tokai.or.jp/fujiphil/

富士市にオーケストラがあることを皆さんご存知ですか?

ブラスバンドとは違い、
フルオーケストラです。

私は詳しくないのですが、
ビオラ
チェロ
コントラバス
フルート
クラリネット
トランペット
ホルン
など頻出のメジャーな楽器はもちろん

ゴージャスなハープや
高価な大事な音を出すファゴットやバスーン?

もちろん
花形のバイオリンも

などなどその他にも多くの楽器が勢ぞろいし、
本当に贅を尽くした圧倒的な顔ぶれです。

単純に、楽器だけの金額を考えただけで、
そこから奏でられる音を聞かせていただけるだけでも感謝です。

そして、その演奏が圧巻です!

アマチュアの団体で、
殆ど自費運営だと思いますが、
そのクオリティが素晴らしいです!!

素人の私にその真価はわからないかもしれませんが、
だからこそ影のご苦労をいとわず無責任に批評してしまうことができるとすれば、
毎回驚くほどのクオリティです。

演奏曲も名だたるシンフォニーを次々にこなし、
その道では実績を重ねている指揮者やソリストの方々も毎回招いて、
かなり本格的です。

チェコフィルのメンバーも参加したりします!!(え~~っ!?)


ちょっと横道に話はそれますが、
結婚披露宴では、
縁者や知人の方々と記念撮影しますね?

大切な思い出の記念です。

あの写真、
もし仮に事故などにより写真屋さんが紛失などしてしまった場合。

一説によると損害賠償すると、
場合によっては数千万円になることもあるそうです。

そうです、
その時しかない大切な場面の画像の補償や、
大勢の方のスケジュールの繰り合わせの価値や、
その時に作れない雰囲気の価値や、
など、価値にすると大変なものになるそうです。

オーケストラもその一つになると思います。

大勢の楽団員さんがその日のために数か月も前から、
スケジュールを合わせ多大な練習を重ね、
楽器維持にも労費を重ね、
普通の生活では成しえない技術を習得をして、
こんなに稀な楽器を演奏できる方々が本当に奇跡的に集結し、
多大な出費や計画や模索や計り知れない努力などもあると思いますが、
そんな色んな圧倒的な凄さで実現される当日のロゼシアター大ホールの演奏会っ!

価値にしたらいくばかりでしょう??

ついそんなことを考えてしまいますが、
その演奏がまた素晴らしいので、
そんな演奏会を拝聴できることが感激でしかありません!
あの一瞬に同席させていただけるなんてまったく幸せです!

すみません、
私は素人ですが、
富士フィルさんのことを話し出すと、
つい熱くなってしまいます。

前回のドヴォルザークのスラブ舞曲第10番も素晴らしかったです。
他の曲も素晴らしかったですが。

どうか富士市民の皆さん、市外の方も、
極上の優雅な一時を過ごしたい紳士・淑女の方々。

是非、富士フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に足を運ばれては?

大袈裟かもしれませんが、
様々なことが奇跡的に折り合って演奏会が実現しているような気がしてなりません。

私は、富士フィルハーモニーは富士市の財産だと思います。

オーケストラのある市はそれほど多くないのでは?

しかもこのクオリティですっ!

私が言うのはおかしいかもしれませんが、
皆さん、是非、富士フィルハーモニー管弦楽団をよろしくお願い致します。
多大なる暖かいサポートしちゃいましょう!

※決して見逃せないのが開場15分後くらいから行われるロビーコンサート。

一部の楽団の方が楽器の紹介も兼ねて、
目の前で演奏してくれます。

もう、耳に楽器の繊細な音色がダイレクトに届いて、
その優雅というか悠久の音色が別世界にいざなってくれます。

最近、その場所取りが激しくなってきて、
早めにロビーで陣取っていないとならなくなっています。

ちょっとなかなか別世界にひたることは難しくなってきています。
う~ん わずかながら残念でもあります(;_;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック